仕事の進め方経営者の方、部下や後輩をお持ちの方必見です! 

【仕事の進め方。経営者の方、部下や後輩をお持ちの方必見です!】

岩本:こんにちは!大阪で人間関係を売上に変える組織コンサルタントをさせて頂いております岩本 麻希と申します。宜しくお願いします。
今日もピンクの服で始めさせて頂きたいと思います。そして、わざわざスーツを着てくてくださった、あべひろこさんです。改めて宜しくお願いします。

阿部:宜しくお願いします。

岩本:今日のテーマ、仕事の進め方、二つタイプがありますっというお話しをさせて頂きたいと思います。大きく分けて二つですが、私は、目標に向かって一直線に行くタイプなんです。阿部さんは臨機応変型なんですよ。そのあたり、どうですか?

阿部:うん、臨機応変!また、これ(総合分析表)をお出ししますね!この表の左下に仕事の進め方のタイプが書かれていますが、私は臨機応変型と書かれいています。次のように書かれています。『目の前のことから実行し、その積み重ねで目標を達成する。計画を立て、その通りに進まなくてもストレスに感じない。』

岩本:ストレスにならないんですね!私は、絶対イヤ、無理ですね!私、やらなければならないことを全て手帳に書くんです。で、終えると全て線で消していくんです。やれていないとやれていない自分に対して、「イヤァ~」って思うんですよね。

阿部:へぇ、なるほど。うーん、私、これがですねぇ、計画を立てるのがなんと苦手なことか!!

岩本:えっと、どうやって日々…管理されていますか?

阿部:ふぅふっふっ、何とな~くなんですよ。何となく!何となくやらなければいけないしなぁっていう感じです。うん、逆算思考ですね。これを達成するには、この時までこれをしてこれをしてこれをして…。っていうのが、自分にとっては極めてイヤ!!

岩本:ストレスに感じるんですか?

阿部:そう、逆にストレスに感じますね。この診断をしてもらった“ともちん”というお友達がいるのですが、この前、彼女とこのことについて大盛り上がりをしましたね(笑) いやぁ、もう絶対に目標に向かって一直線っていうの苦手やんねぇ。目の前のことからやっていって、積み上げていく方がラクなタイプですね。で、最後に書かれている文章がグサッとくるというか、そうだなっと納得するというのが、「過程を重視するので、ツメは甘くなりがち」っていうところ(笑)

岩本:あぁ、プロセスを重要視するんですね?

阿部:すっごくそうなんです。そして弱点です。ビジネスをする上では重要なところだなぁっと思います。

岩本:阿部さんは、ロジック・ブレインの3分類でもプロセスを大事にするタイプなんですよね。私は、結果が全て!プロセスは関係ない!!って強く思っているタイプなんですよ。どっちがいいとか悪いとかいうことではないんです。

阿部:うーん、でもビジネスの場合はね、結果がありきなので、そこの生きずらさみたいなのはあるかなぁ。。。
ビジネス思考ね。

岩本:確かにね…。えっと、今日のポイントですが、色んなタイプがいるということと、あと大事なのは、ご自分のやり方を相手に押し付けてはいけないっということなんですね。あのぉ、臨機応変にしようが、目的に向かって一直線にいこうがどっちでもいいと思うんですね、ゴールまでたどり着けたら!!
ありがちなのが、上司が部下に自分のやり方を押し付ける、親が自分の子供に自分のやり方を押し付けるっていうのは良くないです。 阿部さん、やり方を押し付けられるとどうですか?

阿部:うーん、まぁ、いやだけどね。。。っていう感じですね。仕事だしねって思いますかね。

岩本:でも阿部さんの場合は、臨機応変に気分で行動すると結果を出せますよ。

阿部:そう言われると凄くラクになりました(^^♪  できない自分に「自分はダメなんだ」って思っていたので。受け入れるとラクになりました。

岩本:はい、なので、皆さん、是非ご自分のタイプを受け入れてください。
ご自分のタイプ、部下のタイプが知りたい方は、下記のお問い合わせフォームからお問い合わせくださいませ。

お待ちしております。

関連記事

  1. 教え方の上手い人!!相手のタイプに合った教え方で更なる相乗効果

  2. ISD個性心理学の3分類について大阪の組織コンサルタント岩本麻希がわか…

  3. セールスのポイントを解説!営業マンなら必ず身につけたいスキルを解説

  4. 店舗名

    店舗名の付け方

  5. 美人は3日で飽きるはウソ

    “美人は3日で飽きる”はウソ!!【アート思考でゼロイチ・ブ…

  6. 大阪でISD個性心理学を無料診断するコンサルタント岩本麻希

  7. 人間関係上司編。社長!仕事への取組み方には個性がある

  8. 人間関係の法則 これを理解されれば人間関係がラクになれる?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。