営業のポイントを解説!営業マンなら必ず身につけたいスキルを解説

【営業のポイントを解説!営業マンなら必ず身につけたいスキルを解説】
森下:こんにちは。株式会社ビジネス・プロモーション・マネジメント 代表取締役の森下泰明と申します。
今日もどうぞ宜しくお願い致します。前回に引き続き、今日も人間関係を売上に変える組織コンサルタントの岩本麻希先生にお越し頂きました。ありがとうございます。

岩本:有難う御座います。宜しくお願い致します。

森下:で、今日は人間関係のところで、セールス、営業にもお強いということで・・・

岩本:そうなんですよ。私自身、昔営業してたんです。通算10年ほど。営業って、波に乗るまでが大変ですよね。その時に今のロジックを知っていれば、もっとラクに売上が上げれていたのになっと思います。

森下:じゃあ、今日は営業のポイントっというか、必ず身に着けたいスキル、技術について解説して頂きたいと思うんですけれども。岩本先生は、営業するときに何に着目されるのでしょうか?相手のとか。

岩本:はい、まずは自分のタイプを知るということと相手のタイプを知るということですね。

森下:タイプ別分析ということですか?

岩本:はい、そうなんです。いろんなタイプの分け方が世の中にはあると思うのですが、我々は大きく3つに分けさせて頂いております。

森下:っていうと、一つ一つ解説して頂いてもいいですか?

岩本:はい、まず一つ目は理性タイプについてお話しさせて頂きますね。お客様が理性タイプだと分かったら、とにかく営業マンの人柄を知りたいと思っておられるのですね。商品ではなく値段ではなく、「あなたを知りたい」っという思いが強いです。

森下:じゃあ、信用されないと売れないということですね。

岩本;はい、そうなんです。だから、まずは雑談から始まって、自分を知ってもらいたいという思いでいってください。本日は簡単にここまでです。

森下:なるほど~

岩本:で、2つ目が比較というタイプですね。 森下さんと私、我々は比較タイプなんです。あのぉ、雑談はいらない。ズバッと本題に入って欲しいし、営業マンあなたのことを知りたいということよりも、商品と商品を使っているイメージと何よりもコスパを求めています。森下さん、どうですか?

森下:そうです!「で、結果どうなんの?」って知りたいですよね?

岩本:はい、正にその通りで。比較タイプは結果、なんですよ(笑)
   で、次は3つ目の感性タイプですね。このタイプの人はピンとこないとダメなんですよ。

森下:ピンとこないとダメ?

岩本:はい、ピンとこないとダメなんですよ。感性で生きておられますから。それから話が長いのもダメですよ。話が長いと聞いていませんからね(笑) で、スピード重視。そして、ブランド、権威、権力大好きです。例えば創業何十年とかいう言葉にも刺さりますね。有名人の◎◎さんがご使用されていますとか…。そういうことを言われるとご納得されるんですね。

森下:なるほどねぇ。で、これは、判断できるんですか?

岩本:はい、できます。

森下:じゃあ、またこの続きは次回ということで!でも、この先知りたいですよね?
特別にこのブログをご覧いただいた方、無料でコンサルさせて頂けるそうです。下記のお問い合わフォームから、ご連絡下さいませ。本日は有難うございました。

岩本:有難うございました。

関連記事

  1. セールスのポイントを解説!営業マンなら必ず身につけたいスキルを解説

  2. キャッチフレーズ

    あなたが覚えられない理由【アート思考でゼロイチ・ブランディング】

  3. セミナーの感想 ㈱キムラの木村社長との対談 ~人間関係を良くして売上U…

  4. ロジカルに自己分析をした後、どう活用するか?!セミナー感想

  5. 占いではなく統計学 出逢いたい人に出逢えるトキ”投資”

  6. 大阪でISD個性心理学のインストラクターをしている岩本麻希

  7. 売り手市場の時に内定辞退してくる学生のタイプ!人事の方必見!

  8. 部下や先輩のマネジメント法 リターンとリスクどっちを優先する?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。