組織での役割分担を簡単で名刺交換する方法 プロデューサータイプ

こんにちは!

大阪で人間関係を売上に変える組織コンサルタントをさせて頂いております岩本 麻希と申します。

宜しくお願い致します。

前回に引き続き、組織の中でビジネスの役割4タイプについてお話しさせて頂きたいと思います。

前々回までは、行動重視型・現場型イノベーター(ピッチャー)とネゴシエーター(キャッチャー)タイプのお話しをさせて頂きました。

で、今回は、思考重視型・非現場型 まずは考えてから動くタイプである2タイプの内の1つのタイプについてお話しさせて頂きますね。

このタイプはどうすればうまくいくかをじっくり考えてから動くタイプ、知性派タイプになります。

例えば上司から指示を与えられてもすぐには動かないんですね。

まずは考えてから動きます。私とは正反対、私は、まず動いてしまいます(笑)

今日はプロデューサー、別名監督タイプの組織内行動についてお話しさせて頂きます。

このタイプは単独行動ではないです。

組織をつかって与えられた目標を達成していきます。

全体のバランスを見極めて組織をまとめ、全体把握のリスクマネジメントを実行しながら、管理。統制していく役割を得意としています。

常に全体の構想を重視し、自らムードメーカー、あるいは旗振り役に徹する、そういうタイプになります。

要約すると自分一人で行動するより、部下をもち効率よく動く指導者のタイプです。

実際にこのタイプは、組織をまとめるのが凄く上手です。

本日は、プロデューサー(監督)タイプについてお話ししました。

で、次回は思考型・非現場型のもう一つのタイプである、プランナー(審判)タイプのお話しをさせて頂きます。

では、また。

関連記事

  1. 親しき中にも礼儀あり、相手の謝り方、受け入れられますか?

  2. 求人募集で理想の応募者を獲得する方法

  3. 山ちゃんと蒼井優ちゃんの相性 恋人の場合夫婦の場合

  4. 大阪でISD個性心理学のインストラクターをしている岩本麻希

  5. 交流会はビジネスチャンス?

    差別化したい人事コンサルは交流会NG?【アート思考でゼロイチ・ブランデ…

  6. 売り手市場の今こそ、今の組織に必要な人材を採用すべき!

  7. 組織での役割分担を簡単で明確にできる方法 イノベータータイプ

  8. 同じ目的を持つ組織だからこそ、人間関係を良くして欲しい!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。