フリーダ・カーロ

自分を客観視して強みを知る

自分のことって

案外分からないものです。

 

あなたは

あなたのことを客観視できていますか?

 

岩本 麻希(いわもと まき)です。

 

私ですか?

 

客観視できていると思います。

理由は後で・・・。

 

 

そもそも客観視って

改めて何なんでしょうね?

 

客観視とは、

自分ではない誰かや周りの視点で

ものごとを見ること。

 

自分の価値観も、意見も、

もちろん感情も介入させないんですよね。

 

そして、自分のことを

客観視できた方がいいメリットは

客観視することで、

周りの人の視点を取り入れるので、

視野が広くなったり、

いろいろな角度から物事を見ることができるから。

 

何よりも

客観視することで

世間から見られている自分を知り

自分の強みが分かりますよね。

 

 

ところであなたは

何故画家が、

自画像を描くのかご存知ですか?

 

理由は様々で

何が正解であって不正解かは

私には分かりません。

 

が、私が思うに

画家が自画像を描く意味は、

自分ととことん向き合い

自分を客観視する為かなぁっと

思っています。

 

うーん、

例えば、画家が自画像を描くというのは

今の時代のインスタとかのレベルでは

勿論、違いますよね。

 

画像は一瞬ですが、

絵画は描くうちにとことん

自分と向き合わなければならない・・・。

 

それは、逃げたくなるほど

過酷で辛いことだと思いますよ。

 

インスタのように

一瞬ではないので・・・。

 

 

 

 

本日、ご紹介させて頂くアーティストは、

メキシコの現代絵画を代表する画家

フリーダ・カーロです。

 

映画にもなっていたので

ご存知でしょうか?

 

そう、眉毛が印象的的で

生き様が壮絶かつ情熱的な女性です。

自分を客観視

 

フリーダ・カーロは

とにかく波乱万丈の人生を送った

情熱的な画家なんです。

 

女性のファンが多いですね。

 

波乱万丈とういうのは、

まず身体的にですね。

 

幼少期に急性灰白髄炎にかかり

9ヶ月も寝たきりとなります。

 

さらに学生時代、通学に利用していた

バスが路面電車と衝突し大事故にあいます。

 

この時、フリーダ・カーロは

生死をさまよう重症でした。

 

とにかく凄い怪我だったんです。

 

フリーダは血まみれの半裸状態で、

鉄棒に突き刺された状態で発見され、

背骨、肋骨、骨盤、鎖骨は砕け、

右足はつぶれ、

鉄棒は左臀部から膣を貫通して

腹部に深い傷を残し生死の境を彷徨う・・・

 

3ヶ月間、ベットとの上で生活します。

 

痛みと退屈な病院生活を紛らわせるため

この頃から絵を本格的に

描くようになったと言われています。

 

回復したフリーダは

知識人や芸術家の集う活動サークルに参加し、

そこでメキシコ一番の画家ディエゴ・リベラと出会います。

 

フリーダは闘病時代の自分の絵を

リベラに見せます。

 

これを契機に二人の仲は

急速に深まり結婚するんです。

 

年の差は21歳です。

 

翌年フリーダは妊娠しますが、

交通事故にあった怪我のせいで

流産してしまいます。

 

そして、

夫が実の妹と不倫・・・。

 

彼女自身も

アメリカ人彫刻家イサム・ノグチと不倫をし、

同性とも関係を持ちます。

 

フリーダは夫リベラと離婚しますが、

また再婚します。

 

その後、フリーダの健康状態は悪化し、

入退院を繰り返すようになり、

ベットの上に特性の画架を取り付け、

寝たままで制作し、

1951年以降は右足の痛みが鎮痛剤では耐えられなくなり、

ついに膝まで切断します・・・

フリーダ・カーロ

 

 

どうですか?

この自画像!!

 

ここまであなたは自分自身と

向き合えますか?

 

客観視できますか?

 

晩年、フリーダはインタビュアーから

「何故、自画像を描くのですか?」という質問に対し、

「私はほとんどの時間を一人で過ごすし、

自分のことは自分がいちばん知っているから、自分を描くのです」

と答えています。

 

 

夫との関係、

事故後の自身の健康状態、

子供が産めない身体であることなど、

作品はその時フリーダに起こった出来事を

象徴的な意味を込めて描き

見る側に強烈な印象を残します。

 

 

特に女性にとっては

同性として心が痛み、

そして、彼女の激しくも率直かつ

冷徹なところに魅了されるのでしょう。

 

いや、フリーダの持って生まれた美しさと

数々の艱難辛苦を乗り越えてきた鋼のような強さが加わった

孤高の美しさに魅了されるのでしょうか。

 

 

あっ、冒頭で申し上げましたが、

私も自分自身を客観視してますよ。

 

フリーダ・カーロから

自分自身と対峙して

客観視することの大切さを学びましたから✨

 

 

だけど、私には

フリーダ・カーロのような

燃えるような激しい情熱と

自分ととことん向き合う勇気と覚悟がないので

我流で客観視させてもらってます。

 

どうやって、

自分のことを客観視しているかというとですね、

 

持って生まれた個性を調べたり、

他人から言われてきたことを書き留めておいて

それらを時折、見直して

自身のことを客観視しています。

 

人は人をよくみているものですね。

 

分からないことは人に

聞くのが一番だと私は思っています。

 

これが手っ取り早くていいんです!

 

あっ、私流の自分を客観視するメソッド

作りました。

 

そして、それは

あなたらしいビジネスに繋げることができます!

 

また、こちらでも

ご案内させて頂きますね。

 

あなたはご自分のことを

客観視できていますか?

 

それは、何かに繋がっていますか?

 

具体的にはビジネスとか

誰かのために・・・。

 

あなたのこと知りたいです✨

 

コメント

お待ちしております❣️

 

あっ、最後にセミナーのご案内です。

ぜひ、あなたにもご参加して頂きたいです✨

 

サヨナラ交流会

関連記事

  1. キャッチフレーズの作り方

    キャッチフレーズって必要なの?!【アート思考でゼロイチ・ブランディング…

  2. ラリック

    時代とともにしなやかに

  3. 差別化

    差別化のヒント

  4. 見せ方

    私とアート

  5. 想像力をつける

    想像力をつける【アート思考でゼロイチ・ブランディング】

  6. 自己推薦状

    自己推薦状 ダ・ヴィンチ【アート思考でゼロイチ・ブランディング】

  7. ストーリー

    ストーリーが人の心を動かす【アート思考でゼロイチ・ブランディング】

  8. 稼ぐ起業家はアートから学ぶ

    起業で成功するヒントはアートにあり!? ”遊び力”編【アート思考でゼロ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。