キャッチフレーズの作り方

キャッチフレーズって必要なの?!【アート思考でゼロイチ・ブランディング】

様々なビジネスマンが集まる勉強会や交流会などで、

名刺交換をする際に

あなたは相手の記憶に残っていると思いますか?

 

印象に残っていると思いますか?

 

名刺交換をした相手の記憶に残すために

あなたのキャッチフレーズ、

作ってますか?

 

アート思考でゼロイチ・ブランディング

いわもと まきです。

 

私、考えてますよ。

 

現在進行形で、ずっと

考え続けています。

 

常にマイナー・チェンジしています。

 

「私は、○○の○○です。」

 

端的に言えて、

相手の記憶に残ってもらえたら嬉しいですよね。

 

そういうキャッチフレーズって

自分で付けるのではなく

第三者からつけてもらうのが一番かもしれないですね。

 

まさに客観的で

わかりやすいから・・・。

 

人は他人のことを

よく見ていますから

人に自分のキャッチフレーズについて

聞いてみるのも一つの手段ですよね。

 

 

画家だと、

ゴッホは炎の画家、情熱の画家

フリーダ・カーロも情熱の画家

モディリアーニは悲劇の画家

ゴヤは異端の画家

レンブラントは光の画家

光の画家には他に二人いまして・・・。

 

あっ、今日から

○○の画家シリーズします。

 

これって、ビジネスのヒント

キャッチフレーズを付けるときの

ヒントになりますよ。

 

では、今日は

光の画家 レンブラントをご紹介させて頂きますね。

 

レンブラントは「光と影の魔術師」とも

言われています。

 

レンブラント・ファン・レインは

オランダの画家で、

バロック絵画を代表する一人ですね。

 

イタリアバロックの創始者である

カラバッジョの影響を受け、

明と暗を効果的に使ったドラマチックな表現を得意としていました。

 

 

レンブラントの代表作「夜警」は

世界三大名画のうちの一つです。

キャッチフレーズの作り方

 

 

レンブラントが画家になったころのオランダは、

世界を相手に貿易にで巨万の富を築き、

繁栄の真っ只中でした。

 

アムステルダムなど大都市では

大商人や富裕な市民が生まれ

財産を築いていきました。

 

そしてスペインからの独立後、

連邦共和制となったオランダには

王侯貴族といったパトロンがおらず、

その代わりに新しく生まれた

富裕な市民が画家たちの顧客となりました。

 

そうした裕福な市民らを相手に

レンブラントは肖像画家として頭角を現し、

20代にして

アムステルダム一の人気画家として成功していくんです。

 

さらに名家のお嬢さんと結婚して

現在換算で約8億円とも言われる持参金を得て、

大きな屋敷を買って、

子宝にも恵まれて

正に富も名声も手に入れて

30代半ばにして人生の絶頂を迎えました。

 

この頃の作風は

精緻で迫真のリアリティが目を引きます。

 

そう、絶頂を迎えたということは

中年以降は一転成功から転げ落ちていきます。

 

オランダはイギリスとの戦争や、

チューリップに過剰な投資をした

「チューリップバブル」がはじけて経済が不況となり、

肖像画の注文は減っていくんです。

 

更にトレンドはレンブラントの重厚な表現より

フランス絵画に見られるような

優美で軽やかな作風を好むようになっていき

レンブラントの作風は時代遅れとなっていったのです。

 

レンブラントって、浪費家なんですよね。

エキゾチックな衣装を身に着けるコスプレが大好きで、

古い衣服や甲冑・刀剣などの武具、

それに美術品などを買い漁りました。

 

高価なものばかりだったので

あっという間に経済的困窮に加え、

私生活では幼くして子ども何人も亡くした後、

妻をも若くして亡くしてしまいます。

 

妻の死後、息子の乳母を愛人にし、

その後入った女性へと心変わりし、

最初の乳母から婚約不履行の罪で訴えられます。

そして、レンブラントは破産状態へと・・・。

 

光の画家、別名光と影の魔術師は

私生活も光と影だったんですね。

 

だから中年以降から晩年にかけてその表現は

若い頃と違って独自の進歩を遂げて

深い精神性を帯びた画風へと変わって行ったのですね。

 

いかがですか?

 

レンブラントのキャッチフレーズは、

得意な技法と紆余曲折の人生から

来ていますね。

 

あなたのキャッチフレーズを

考えるヒントになりましたか?

 

とは言え

なかなか自分で考えても

自分と向き合っても

なかなか回答が出ないものです。

 

それは冒頭で申し上げた通り、

第三者の方がよくわかっていると思います。

 

レンブラントのキャッチフレーズも

勿論、本人が考えた訳ではありません。

 

9月末ごろにセミナーします。

 

アート思考に個性を掛け算して

あなただけの最強ビジネスを作ります。

 

その一つがキャッチフレーズを作ること!

 

 

あなたもキャッチフレーズをつけて

周囲に埋もれない

記憶に残る人になりませんか?

 

コメント

お待ちしております✨

 

あっ、最後にセミナーのご案内です。

ぜひ、あなたにもご参加して頂きたいです✨

 

サヨナラ交流会

関連記事

  1. 岡本太郎

    ビジネスヒントは岡本太郎?【アート思考でゼロイチ・ブランディング】

  2. ラリック

    時代とともにしなやかに

  3. ウォークマン

    理念がそのまま作品にでる【アート思考でゼロイチ・ブランディング】

  4. 想像力をつける

    想像力をつける【アート思考でゼロイチ・ブランディング】

  5. 自分のタレント

    あなたは誰の為に何をする?

  6. ビジネスにイノベーションを

    ビジネスの価値観を上げる【アート思考でゼロイチ・ブランディング】

  7. 共感

    起業で成功するヒントはアートにあり!?”共感力”編【アート思考でゼロイ…

  8. ストーリー

    ストーリーが人の心を動かす【アート思考でゼロイチ・ブランディング】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。