共感

起業で成功するヒントはアートにあり!?”共感力”編【アート思考でゼロイチ・ブランディング】

あなたは日々、
人の気持ちに寄り添っていますか?

 

アート思考でゼロイチ・ブランディングの
いわもと まきです。

 

人の気持ちに寄り添うことができる
共感力の高い人って
とても魅力的ですよね❣️

 

我々、起業家にとっても
ビジネスパーソンとしても一個人としても
共感力は高い方が良いです✨

 

何故ならば…。

 

あっ、そうだ
反面教師的に共感力が低い人のことを
思い浮かべてみて頂いていいですか?

 

こんな人、あなたの周囲にいないですか?

 

 ●自己中心的な考え方をする

共感力が低い人って、
自分以外の他人には興味がないと思いません?

 

常に自分の事しか考えていない。

 

例えばご飯を食べに行く時、相手に
「食べたいものある?」とか聞かずに
自分が食べたいものとか
自分が帰宅するのに便利な場所とか
自分のビジネスに繋がりそうな
お店をチョイスしたりする…。

 

自己中心的な考え方をする人。

 

●自分をアピールしたがる

共感力の低い人って
自分のことばっかり話したがりません?

 

例えば、勉強会や会合などで
初対面の人と名刺交換をする時。

 

私は相手の名刺をみて
まずは私から相手のことをお聞きします。

 

すると、相手は「待ってました」と
言わんばかりにペラペラと
自分のビジネスのことを話します。

 

勿論、それでいいし、それが正しい。

 

売り込みたいですからね。

 

「もうこの人とは会いたくない」って思うのは
自分のことだけを言って私には触れず
そのまま去ってしまう人…。

 

自分をアピールする人
相手の話を聞かず
自分をアピールしたがる人。

 

●思いやりがない発言をしがち

共感力が低い人って、
デリカシーのない発言をすると思いません?

 

例えばあなたは大事な商談の前に
不覚にも風邪を引いてしまい
熱もあるしフラフラの状態だったとします。

 

そんな状態のあなたを見て
あなたの商談相手がバッサリと
「自己管理不足!風邪がうつるから帰って!」
と言われたらどう思います?

 

だけどその人は相手に共感できないから
相手を傷つけたとしても
何とも思っていない…。

 

思いやりがない発言をしがちな人。

 

●他人の価値観や考え方が理解できない

共感力の低い人って、
他人の価値観や考え方を否定してきません?

 

例えばあなたの起業した目的が
”自分の好きなことを追求したかったから”
だとしましょう。

 

自分の好きなことをしてこれなかった
かつ、共感力の低い人はこう言うんじゃないかな。

 

「自分の好きなことを追求する為に
起業するなんて甘過ぎる!」と。

 

他人の価値観や考え方が理解できない
理解しようとしない人。

 

●支配欲が強く、他人をコントロールしようとする

共感力が低い人って、
他人をコントロールしてきません?

 

例えばあなたが起業する前
どこかの組織に属しておられたとします。

 

こんな上司いませんでした?

 

自分の仕事のやり方が
間違いなく正しいと思っており
あなたを全面的に支配してくる。

 

組織の中でその上司が動きやすくなるよう
あなたをコントロールしてくる…。

 

支配欲が強く、
他人をコントロールしてくる人。

 

 

 

ハァー(T ^ T)、こんな人達と
一緒に仕事をしたくないですよね。

 

反面教師になるとよく分かる。

 

我々がこんな人達になっちゃうと
起業家としてビジネスパーソンとして
お客様の心は掴めません。

 

だから、
共感力を高めなければならないのです!

 

では、どうしたら共感力が
高められるのでしょうか?

 

答えは、アートを鑑賞すること。

 

優れたアーティストは自分の感情を
鑑賞者側にも共感してもらいたい
共有してもらいたいと思っています。

 

あなたはアートを見て
「この絵のアーティストは、どんな感情を
鑑賞者と共感・共有したいと思ったんだろう?」
と、想像してみてください。
(何も感じない絵であれば
それはそれであなたにとって正解。
感じる絵を探してみてください)

 

そして「その感情の奥にあるアーティストの
メッセージはなんだろう?」と
更に想像してみてください。

 

話変わって、私事で恐縮ですが
過去にとある大学で
精神科の先生の秘書を約3年していました。

 

オウム真理教の元幹部の心理鑑定をしたり
地下鉄サリン事件や
神戸連続児童殺傷事件などのコメントを
あらゆるメディアから求められていた
犯罪心理学者でもありました。

 

大学での講義の資料を私が集めるのですが、
思わず目を背けたくなるものとか
嗚咽しそうになりそうな資料ばかりでした。

 

ある講義で”カニバリズム”を
取り上げることになりました。
(”カニバリズム”とは
人が人肉を食べる行為のことを言います。)

 

その時の資料の一つです。

共感

 

これは、スペインを代表する画家
フランシスコ・デ・ゴヤの作品
「我が子を食らうサトゥルヌス」。

 

この絵を見てあなたは
どう思いました?

 

私、吐きそうな一方で凍りついたし
嫌な感じしかしなかった(-。-;

 

この絵は…
ローマ神話に登場するサトゥルヌスが将来、
自分の子に殺されるという予言に恐れを抱いて
5人の子を次々に呑み込んでいった
という伝承をモチーフにしています。

 

フランシスコ・デ・ゴヤが
この絵を通して共感したい感情は
恐怖、狼狽、狂気、狂人、悪魔…
などでしょうか。

 

鑑賞者側もそう感じます。

 

そしてゴヤが鑑賞者側と共感したい
感情の奥にある伝えたいメッセージは
あなたはなんだと思いますか?

 

私は、予言とはいえ
殺されるという恐怖に取り憑かれてしまうと
例え、我が子であろうと自分が殺される前に
頭からかじり食い殺してしまうという
狂気に走ってしまうのだと…。

 

狂気の沙汰!

 

恐怖に支配されてしまうと
常識を逸してしまう
何もかも狂ってしまう。

 

だから、悪い予言など周囲の意見に惑わされ
恐怖に支配されてはならないというのが
ゴヤのメッセージなんだろうかと思います。

 

あなたはどう思われましたか?

 

今回のブログ
起業で成功するヒントはアートにあり!?の
共感力編はいかがでしたでしょうか?

 

人の気持ちに寄り添い共感力を高めて
その感情の奥にあるメッセージを
汲み取ることで、
あなたのコミュニケーション能力は
更に高まります。

 

お客様はそんなあなたから
あなたの商品・サービスを買いたくなるのでは?

 

それでは本日も最後までお読み頂きまして
誠に有り難うございました。

 

コメントなど頂けると嬉しいです❣️

 

関連記事

  1. 岡本太郎

    ビジネスヒントは岡本太郎?【アート思考でゼロイチ・ブランディング】

  2. 起業家 企業家に必要不可欠な3つの目線

    起業して成功する人の特徴(目線編)【アート思考でゼロイチ・ブランディン…

  3. 思考は現実化する

    思考を現実化する為には?【アート思考でゼロイチ・ブランディング】

  4. ビジネスに創造力は必要不可欠

    ビジネスに必要な創造力を鍛える!!【アート思考でゼロイチ・ブランディン…

  5. 起業前の大前提

    起業前に何を準備すればいいの?【アート思考でゼロイチ・ブランディング】…

  6. マツダMAZDA

    MAZDAの車がお客様を魅了する訳 

  7. 差別化

    差別化のヒント

  8. 癒しの美術館探索

    ポーラ美術館 癒しの美術館探索 Vol.3【アート思考でゼロイチ・ブラ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。