居合道

居合道から学んだこと【アート思考でゼロイチ・ブランディング】

あなたは居合道ってご存知ですか?

 

アート思考でゼロイチ・ブランディング いわもと まきです。

 

私、居合道してました。

 

9年間。

 

前にも話したんですが

小学校の3年生の時かなぁ

スカイホッピーというぴょんぴょん跳ねるおもちゃがありまして

それに夢中になりすぎてアキレス腱を切りかけたんです。

礎となった経験

 

アキレス腱を完全に切ってしまっていると完治するのも早かったんですが

骨にひびが入るのと同じで完治するまで時間がかかり

約半年程がかかりました。

 

その間ずっと通学は車で送り迎えしてもらってました。

 

だからすっかり運動不足になってしまいました。

 

何か運動した方が良いということになり

私、本当はテニスをしたかったのですが

母が「何か人と違うことをしたほうがいい」とアドバイスをしてくれて

道場に通って剣道を習うことにしました。

 

そこの道場では剣道以外に居合道というのをしていました。

 

私は剣道から入ったので居合道を学ぶ必要はありませんでしたが、

実は居合道の方に興味があったので両方習いました。

 

純粋に子供の目から見ても

ピーン と張り詰めた空気の中で

刀を振る姿が凛としていてカッコ良かったからです✨

(私の屋号”オフィス凛”はここにもあるかも?!)

 

 

簡単に居合道についてご説明をさせて頂きますね。

 

 居合道とは古武道の居合術を現代武道化したものです。

 

居合道の起源は源流である抜刀術(居合術)は、

戦国時代から江戸時代初期にかけての

剣客林崎甚助によって創始されました。

 

江戸時代には多くの流派が生まれ、

無双直伝英信流及び夢想神伝流が多数を占めます。

 

次いで土佐直伝英信流伯耆流、田宮流、無外流、無双新伝流…。

 

因みに私は田宮流でした。

 

居合道をしている人数は少ないです。

 

居合道にはいくつかの連盟や流派があって

大きいとされている連盟でも1500名くらいだと思います。

 

今までの人生で

居合道をしていた人に出会ったことはないです。

 

だから、ほぼいきなり全国大会に出場できます(笑)

 

では、実際に居合道ってどんなことをするかというと…

 

座った状態(正座か、片足を立てて反対の足は床につける)か

立った状態で、鞘から刀剣を抜き放ち、

さらに納刀(さや)に剣を戻すまでの動作です。

 

剣道のような打ち合いや激しい運動ではないので、

老若男女を問わず学べる武道なのです。

 

私の先生は83歳でした。

 

剣道は初めから互いを敵とした敵対動作から始まりますが

居合道には敵はいません。

 

居合道とは、主に床の間での想定のような普段の生活の中など、

「居」ながらにして敵に「合う(遭遇する)」として形が組まれています。

 

演武では、奉納、作法を意識されています。

 

居合道は主に空間での形稽古を行い、

抜き付けとよばれる刀を鞘から抜き放ちながら斬る技術が重視されています。

 

イメージです。

 

服装は、道着、袴です。

 

私は上下ともに真っ白にしていました。

 

その時の写真をおいておけば良かった(T ^ T)

 

一般には居合刀(模擬刀)を使用することが多いですが、

上級者では真剣を使用します。

 

私は居合刀(模擬刀)でした。

模擬刀といっても、剣先は鋭かったので

なんども何度も指というか指と指の間を切りましたね。

 

先生は真剣でした。

(警察に届けてましたよ)

 

居合道の試合は勿論、

実際に斬りあうことはしません。

 

段位ごとに、流派の形を架空の敵を相手に一人で演武し、

審判員の旗の掲示による多数決で勝敗を判定されます。

 

私、中学生の時に全国大会で2位だったことがありますが、

どうして1位に負けたのかその当時は全く分かりませんでした。

 

腹立たしさしかなかったです。

 

だけど、高校3年生の時に分かりました。

 

受験もあったのですが、

「剣道をやり続ける意味がない。敵に勝つ理由がなく、勝ちたいとも思わない」

というのが理由でしたね。

 

中学生の優勝できなかった私は

目前の架空の敵と戦っておらず

隣で演舞しているライバルを意識していたことが負けた理由です。

 

自分の目の前にいる架空の敵、

つまり自分自身と向き合えていなかったのです。

 

他人と自分を比べていた

敵は自分の中にいる自分自身なのに…。

 

高校生になって徐々にそれに気づいて

それからは人と比べることに意味はないと思うようになりました。

 

だから、上述した理由で剣道をやめたんです。

 

常に自己責任で自分との戦いなんだと思うようになりました。

(時折、自分との戦いに心折れそうになりますが…)

 

これが居合道を通じて学んだことですね。

 

これって、人生もビジネスも同じなんですよね。

 

我々のような一人ビジネス、

個人事業主は常に自分との戦いです。

 

失敗にしない方法は至極簡単です。

 

成功するまでやり続けるだけです。

 

自分自身と戦いながら…。

 

これはあなたも同じだと思います。

 

人事採用コンサルされている人って大勢いますもんね。

 

私も一時期していましたし、私の周囲にも沢山います。

 

だから分かるんです。

あまり変わりばえしない…。

 

違いは多少の能力の差か、経験の差くらいかな。

 

だからあなたは同業他社との差別化の為に

常に新しくて既存のお客様にとって

プラスαになるビジネスをお考えではないですか?

 

それはまさに人(同業他社)と比べても意味がなく

自分自身との戦いです。

 

あなたの中に

新しくてお客様にとってプラスαのビジネスヒントがあります。

 

私がお手伝いさせていただきます✨

 

セミナーのタイトルは

題して

サヨナラ交流会

 

 

”お申し込みはコチラ”から

お申し込みください。

 

あなたのご参加

心よりお待ち申し上げております✨

 

関連記事

  1. セールスのコツを教えます!営業職なら必須のスキルです

  2. 大阪で人間関係を可視化しあなたを成功へと導く

  3. 褒め方のコツを知って、あなたも褒め上手になりましょう(^^♪

  4. 思った通りの人生

    人生はあなたの思った通りになる!

  5. 営業のポイントを解説!営業マンなら必ず身につけたいスキルを解説

  6. 職場での人間関係って疲れますよね。解決法を伝授します。

  7. 変身願望が強くなるトキ”転換” あなたの運勢見ますよ!

  8. 何故か学習意欲が上がるトキってあるんですよ!!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。