ラリック

時代とともにしなやかに

あなたは

時代とともに

しなやかに生きていますか?

 

しなやかって漢字で書くと

嫋やか
靭やか
撓やか

などと書くそうですよ。

 

嫋…は

「嫋やか」と書いて

「たおやか」とも読み女性のなおやかな感じ。

 

靭…は

「強靭」(きょうじん)といわれるように、

強さを感じますね。

 

撓…は

「撓(たわ)む」といわれるように

弾力のある腰の強さを感じませんか?

 

常用漢字ではないので、

普通は平仮名でいいと思います。

 

意味によって使い分ければと思います。

 

私にとっての

しなやかという漢字は、

靭やか
撓やか

ですね。

 

あなたは、

どの漢字がしっくりきますか?

 

 

岩本 麻希(いわもとまき)です。

 

 

時代は変わります。

 

どんどん変わる

加速度的に・・・。

 

そんな中、

あなたは

しなやかに生きていますか?

 

 

新しいものが出てくれば

流行も変わります。

 

例えば、

昔の携帯電話は

こんなのでしたよね?

時代は変わる

 

今は、

スマホが主流ですよね。

 

ある統計によると

2019年2月の

スマホの利用率は85%。

 

だから

ガラケー時代に流行っていた

ストラップやお守りは

もうほぼ売られていないですよね?

 

15%の方がガラケーを利用されているので、

その方々の為用に

神社仏閣内のお守りコーナーや

地方のおみやげ屋さんで

携帯ストラップは売られている程度でしょうか。

 

携帯ストラップを売られていた

もしくは作られていた企業さんは

スマホケースに商品を

変更していかれたのでしょうね。

 

新しい商品が発明されて

それに伴う関連商品が変わる・・・。

 

流行も同じですよね。

 

2000年代に流行ったデニムは

ローラーズでした。

ラリック

 

腰周りに注目が集まるので

ウエストから上半身が

細い方はより細く見えるってヤツ。

 

細く無い方は、

デニムの上にお肉が乗る感じです。

 

で、このローライズの流行に伴って

下着も股上の浅いものが

売られるようになったんです。

 

この当時

Tバックが

とても売れてました。

 

そう言えば、

男性は腰パンが

流行ってましたね(笑)

 

腰パンの時は、

インナーが見えるから

見せるトランクスだったんですよね。

 

今じゃありえないですね。

 

その当時、

よく年配の方が仰っていました。

 

「スボン、ずってはる。

あげなあかん」と。

 

 

流行るものに応じて、

付随品も変わります。

 

 

そこで

本日ご紹介させて頂くのは

フランスの宝飾デザイナー、

ガラス工芸家だった

ルネ・ラリックです。

 

日本で

よく比べられるのはバカラかなぁ。。。

 

同じくガラス繋がりですが、

バカラは職人による作品で

ラリックは芸術作家による作品

ですかね。

 

私はラリックの作品が大好きで

箱根のラリック美術館にも行きましたし

(この美術館も超オススメです)

東京都庭園美術館にも行きました。

 

ルネ・ラリックの作品は

とにかく

品があって優美なんです。

 

自然美と女性美を

追求しています。

 

ルネ・ラリックは、

その人生の前半を宝飾デザイナーとして、

後半をガラス工芸作家として活躍しました。

 

 

ラリックは、

当時圧倒的な人気だった

女優サラ・ベルナールが舞台で使用する

 

装身具やジュエリーの制作依頼を受け、

その後ひいきにされることになり、

パリの社交界や演劇界への扉が開かれました。

 

そして、

アール・ヌーヴォーの流行の頂点だった

1900年のパリ万国博覧会では、

出展したラリックの宝飾作品がグランプリに輝き、

アール・ヌーヴォー作家としての名声を得ました。

 

ラリックの作品は

各国の美術館が競って買い上げるほどでした。

ラリック

このとき、ラリックは40歳。

 

しかし、1900年のパリ万博を頂点として、

アール・ヌーボー様式は急速に衰退してしまいます。

 

理由は、

ファッションの流行が

ボリュームのあるふくよかな服装から

シンプルなラインを強調するスタイルに移ったため、

派手な装飾がある宝飾品が

売れなくなったからといわれています。

 

実際に1905年頃を境にして

ラリックのジュエリーは人気凋落が著しく、

評論家たちは手のひらを返したように

ラリック作品に

「陳腐」「悪趣味」といった悪評を浴びせかけていました。

 

 

流行は「アール・デコ」へ移行します。

 

 

ラリックにとっては大打撃ですよね。

 

そこで彼は

新しい表現を模索し、

宝石にかわってガラスを使用する

新しいジュエリーを制作し始めたんです。

 

1907年に、香水王フランソワ・コティより、

コティ社の香水瓶に貼る

ラベルデザインを依頼されますが、

ラリックは香水瓶のデザインも提案して採用され、

そのボトルデザインは大人気となります。

 

これを機に、

ラリックはジュエリー作家としてのキャリアと決別し、

ガラス作品の制作を集中して行い、

ガラス作家として活躍を始めました。

 

1925年のパリ万博

通称アール・デコ展では

ラリックがガラス部門の責任者を務め、

自社のパビリオンも展開しました。

 

さらに、

高さ5メートルにもなるガラスの噴水塔を出展し、

当時の新しい技術である

電気照明で噴水とガラスを輝かせ、

人々を魅了しました。

 

65歳のラリックは、

アール・デコのガラス工芸作家としての地位を確立し、

第二の成功を収めました。

 

いかがでしょうか?

 

ラリックの人生。

 

しなやかに

(靭やか、撓やか)

生きていると思いませんか?

 

時代の波に流されても

そこから活路を変え

チャンスを掴み、

チャンスを最大限に活かす!!

 

チャンスの女神は

前髪しかないのだから。

 

私は

時代とともに

しなやかに生きていきたいと

思っていますが、

まだまだです(笑)

 

というよりも

願わくば

時代の少し先を創造したいです。

 

あっ、今度、

アート思考からビジネス脳を開花させるセミナーします。

(仮名)

 

また

ご案内させて頂きます。

 

 

あなたはいかがですか?

 

しなやかにタフに生きていますか?

 

教えてください✨

知りたいです❣️

 

コメント

お待ちしております(⌒▽⌒)

あっ、最後にセミナーのご案内です。

ぜひ、あなたにもご参加して頂きたいです✨

サヨナラ交流会

関連記事

  1. 失敗と成功

    失敗と成功

  2. 稼ぐ起業家はアートから学ぶ

    起業で成功するヒントはアートにあり!?”物語力(アート)”編【アート思…

  3. 類推力

    起業で成功するヒントはアートにあり!?”類推力”編【アート思考でゼロイ…

  4. ストーリー

    ストーリーが人の心を動かす【アート思考でゼロイチ・ブランディング】

  5. マッキントッシュ

    あなただけの美のモノサシでお客様を魅了する その②

  6. 岡本太郎

    ビジネスヒントは岡本太郎?【アート思考でゼロイチ・ブランディング】

  7. 想像力をつける

    想像力をつける【アート思考でゼロイチ・ブランディング】

  8. ウォークマン

    理念がそのまま作品にでる【アート思考でゼロイチ・ブランディング】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。