新型コロナ 煽りすぎ

新型コロナ、煽りすぎ!!【アート思考でゼロイチ・ブランディング】

連日、新型コロナに関するニュース
テレビ,マスコミで取り上げてますねー。

 

昨日(2020年2月27日)なんて
っていうか前日から、
今後暫くのイベント中止要請とか
全国の小中高校に臨時休校要請とか・・・

 

それについてあなたはどう思いますか?

 

アート思考でゼロイチ・ブランディングの
いわもと まきです。

 

私が伝えたいと思っている
アート思考とは全く関係はないけれども
私はこのブログで
”私個人はめっちゃ、小さいけれど”
声を大にして言いたいです!!

 

「政府・マスコミ煽りすぎ!!」
「一般人、煽られすぎ!!」

 

阿倍首相、もっと冷静になって欲しいです!

 

阿倍ちゃん(いきなり”ちゃん”付け)
責任を問われるからでしょうね。

 

責任を問われるのが嫌で
「いきなり小中高休校要請」
「100人規模の集会、イベント自粛要請」
みたいな・・・。

 

ここでのポイントは
あくまで”要請”ですけどね(笑)

 

東京ディズニーランドも
「いや、うちはやりますよ」って宣言してたのに
一夜明けて
「やっぱり休園します」っておかしい!!

政治家の圧力なのかなぁ。

 

 

今回の経済的損失
めっちゃ大きいですよね!
(が、風が吹けば桶屋が儲かる)

 

それに対して「政府は責任を持つ」とか
おっしゃってますが、
それって、結局
我々が支払った税金で補填するんでしょ!!

 

まっ、それは火を見るまでもなく
明らかな事象ですね💢

 

阿倍ちゃんの鶴の一声の前に
感染拡大が続く新型コロナに
有効だという治療薬が存在しないからこそ
我々国民はいや世界的に
不安なのではないでしょうか。。。

 

が、しかーし、
万一新型コロナに罹患してしまっても
免疫力が落ちたいたり、
免疫力が比較的に落ちていると言われている
幼児や高齢者、アーンド持病がなければ
安静にされていれば、大丈夫みたいです✨

 

感染率もアメリカで今流行している
インフルに比べれば数字の桁が違います。

 

アメリカのインフルは2600万人に感染、
その内死に至ったのは1万4000人以上。

 

これってあまり
日本で報道されていない気がします。

 

なるほど、アメリカ政府からの要請ですね。

 

 

一方で新型コロナの感染者数は
世界で8万人以上で
死亡者は世界全体で約3000人。

 

感染率は圧倒的に
アメリカで流行中のインフルエンザで
致死率が高いのは新型コロナです。

 

が、しかし、新型コロナの場合
中国政府の初動が悪かったのと
(相変わらず、”臭いものには蓋をする”体勢)
新型コロナに罹患したと思われる患者が
路上で診察を待っているうちに更に
悪化したとも言われています。

 

そりゃあそうですよね(-。-;

 

ちょっとした風邪でも
路上で何時間も寒空の下
診察の順番を待たされたら悪化するでしょ!!

 

うーん、いつの時代もそうだと思いますが
一方的に流されてくる情報は
疑わないとダメですよね・・・。

 

情報は流されるがままに受け取らずに
自ら情報を取りに行って
あなたご自身の判断基準を持った方がいいと思います。

 

その為には正しい情報はどこにあるのかとか
正しい情報と思われるものでも
斜に構えて疑ってみるとかしないと
時代に、いや一部の権力者に
右往左往させられちゃいますよー。

 

何度も言いますが
それはいつの時代も同じですけどね。

 

まっ、兎にも角にも、まずは
栄養バランスが取れた食事と
十分な睡眠と運動が大事です✨

 

っと言いながらも、私、不覚にも
最近風邪を引いてしまいましたが・・・

 

今夜から復活したようなので
ブログを書いてみました。

 

情報に惑わされずに
健康に気をつけましょう✨

 

なーんか世界的にくらーいけど
我々が光を灯しましょう🔥

 

針の穴ほどの光・炎でも🔥
それが多数集まれば
漆黒の闇を照らすことができますよ✨

さぁ、あなたもご一緒に♬

関連記事

  1. 普通って何?いや、そもそも普通の定義って何だろう?

  2. 神採用ミソッド!!経営者、人事の方必見です!

  3. 「人を見抜く方法」 社長、人事の方は必見です‼️

  4. 教え方の上手い人!!相手のタイプに合った教え方で更なる相乗効果

  5. 買い占め

    買い占め騒動!不安を煽るデマは一気に拡散【アート思考でゼロイチ・ブラン…

  6. 運勢を生年月日から統計学で知る!!今日のリズム”成果…

  7. 営業が苦手なのは今日で卒業!商談相手をタイプ別に分類し成約するコツを伝…

  8. 大阪で人間関係を可視化しあなたを成功へと導く

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。